このサイトでは松本清張「砂の器」に関する情報を集めています。

砂の器について

『砂の器』(すなのうつわ)は、松本清張の長編推理小説です。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され、同年12月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行されました。後に電子書籍版も発売されています。

1974年に松竹で映画化、過去4回テレビドラマ化されています。

2011年9月10日、11日にテレビ朝日系列にて5度目のテレビドラマ化がされました。

都会の駅の操車場で起きた或る殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説で、清張作品の中でも特に著名な作品です。

ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼びました。

ミステリーとしては、東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなっています。



最近の記事

キャスト

Eiryo Waga  和賀 英良  中居 正広 Masahiro Nakai
Asami Naruse  成瀬 あさみ  松雪 泰子 Yasuko Matsuyuki
Yusuke Sekikawa  関川 雄介  武田 真治 Shinji Takeda
Ayaka Tadokoro  田所 綾香  京野 ことみ Kotomi Kyono
Masaya Yoshimura  吉村 雅哉  永井 大 Masaru Nagai

スタッフ

原作 : 松本 清張 『砂の器』
潤色 : 橋本 忍 山田 洋次
脚本 : 龍居 由佳里

あらすじ[1] 過去を知る男

ピアニストの和賀英良(中居正広)は、大ホールで大勢の客の拍手を浴びていた。彼は今、世間で最も話題になっている人気ピアニストだ。そんな彼の姿を、ホールの隅でじっと見つめる一人の男がいた。彼の名は三木謙一(赤井英和)
三木は、コンサートを終え車に乗り込もうとしている和賀を呼び止めた。

あらすじ[2] 蒲田の夜を見た女

蒲田操車場殺人事件の捜査は難航していた。大量の返り血を浴びているはずの白のタートルも、依然として見つからないままだった。

白タートルの処分に困った和賀(中居正広)は、そのセーターをはさみで細かく刻んで紙袋に入れ、焼却炉で焼いて欲しいと元恋人の玲子(佐藤仁美)に頼む。


玉峰山荘 亀嵩宿泊案内

「砂の器」に登場する重要な地名「亀嵩」

亀嵩は島根県奥出雲にあります。亀嵩温泉で知られています。亀嵩温泉といえば、「麗しの湯 玉峰山荘」

物語をしのぶ旅の拠点のひとつとして、「玉峰山荘」に泊まってみてはいかがでしょうか。

あらすじ[3] もう引き返せない・・・

崖から飛び降りようとしたあさみ(松雪泰子)を見ていた和賀(中居正広)は、とっさに彼女の手を掴んだ。宿命にもがき苦しむ彼女に遠い日の自分を見ていた。和賀は彼女に「宿命は変えられる。もう一度生まれ変わればいい」と言ったのだった...。

砂の器〈下〉 (新潮文庫)

人間は背負った宿命から逃れることはできない。善良この上ない元巡査を殺害した犯人は誰か? そして前衛劇団の俳優と女事務員殺しの犯人は? 今西刑事は東北地方の聞込み先で見かけた"ヌーボー・グループ"なる新進芸術家たちの動静を興味半分で見守るうちに断片的な事実が次第に脈絡を持ち始めたことに気付く......新進芸術家として栄光の座につこうとする青年の暗い過去を追う刑事の艱難辛苦を描く本格的推理長編である。

あらすじ[1]

昭和35年、12月12日早朝。東京・蒲田駅構内の操車場で初老男性の他殺体が発見される。顔は潰され判別できないほどであったが、死因は殴殺ではなく扼殺と判明。首を絞められ、死後に顔を潰されたものと推定された。
 捜査本部が聞き込みを始めると、すぐに怪しい男の目撃情報が浮上する。蒲田駅付近のバーで事件前日の夜、男二人連れの客があり、そのうちの一人が被害者の風貌と一致したのだ。

あらすじ[2]

 吉村弘(玉木宏)は、和賀英良(佐々木蔵之介)が発表した新作・交響曲『永遠』を聴き、前作『寂滅』とのあまりの違いに、和賀に何かが起こり、それは三木謙一(橋爪功)殺しに関係していると直感する。今西栄太郎(小林薫)たち先輩刑事は吉村の見解に理解を示すが、それだけで捜査が進展するわけもなく...。

砂の器〈上〉 (新潮文庫)

宿命とはこの世に生まれて来たことと、生きているということである。
東京・蒲田駅の操車場で男の扼殺死体が発見された。被害者の東北訛りと"カメダ"という言葉を唯一つの手がかりとした必死の捜査も空しく捜査本部は解散するが、老練刑事の今西は他の事件の合間をぬって執拗に事件を追う。今西の寝食を忘れた捜査によって断片的だが貴重な事実が判明し始める。だが彼の努力を嘲笑するかのように第二、第三の殺人事件が発生する......。

日本のパワースポットで有名な神社
古来から伝えられる日本のパワースポット神社・仏閣をご紹介します。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0